医療従事者も病に繋がる仕事をこなす

医療に従事する医師や看護師は、命に関わるケアに努め、失敗も許されない厳しさも相まって、ストレスからうつ病などの精神病を患うことも医療業界で問題視されています。
ですが、こうした問題がある中でも、看護師にとって原動力となっているのは、やりがいなどの実感を得られる時であるアンケート結果も報告されています。
肉体疲労によるストレス、特に看護師は医療分野の中でも体を酷使する特徴があります。
回復の可能性の高い患者が集う一般病棟では、看護師が行うケアも多く、患者とのやり取り、看護師同士とも密接、こうした状況下では、疲労から不眠症を引き起こし、さらにはうつ病などの症状を発症してしまいます。
医療従事者さえも、精神科や心療内科などの治療を必要とする問題も浮き彫りになっています。
そのため、メンタルヘルスマネジメントやメンタルトレーニングに特化した診療科の存在、ストレス外来などを含む新しい治療法なども注目されています。

福岡市中央区 歯科

港北区 歯医者

インプラント 横浜

脳梗塞に新たなリハビリ治療