様々なストレスを解消させる療法

充分な看護ができない悩みを挙げるのは、医療に携わる看護師ならではの悩みで、スキル不足はもちろん、余裕のある時間がとれない職場環境も重なっています。
また、看護師にとっては、患者に負担をかけているという不安から、精神的なストレスを抱えるケースを改善させる策が練られています。
外来・病棟のみならず、医師の指示に納得できずとも従わなければならない点、決して起こってはならない医療ミスに繋げないための策の1つです。
また、療養型病院での医療行為はあまり行われることはなく、看護師のメンタルケアは不要である見方ができますが、長期療養で看護師にできることが限られているため、してあげられないことで、逆に自分を責めるなど、精神的なストレスを生んでいます。
医療のプレッシャーがかかる看護師にとって、対人関係以外で躓くパターンが近年何倍にも増えており、最近ではリラクゼーション効果の高い、香り・音楽・食事療法などが試されています。